ファッション用語

ドンキーマート >> ファッション用語 >> は行

スポンサード リンク



パンツの種類

パンツの種類


サブリナパンツ

足首より短い、7〜8分丈の細身のパンツ。オードリー・ヘップバーンの主演映画「麗しのサブリナ」で着用していたものが広まってこの名称がついた。

ジーンズ(Gパン)

メンズカジュアルの定番。リベット(鋲)、革のラベルなど幾つかのデザイン上の特徴をもつ、コットン・デニムでつくられた丈夫なパンツ。
1850年、アメリカのリーバイ・ストラウスが金鉱探しの作業ズボンとして、テント地をインディゴで染めたものが起源。戦後日本に駐留したGI(アメリカの兵隊)がよくはいていたことから、GIパンツを略してGパンと呼ばれる。

ジョッパーズ

乗馬用のパンツ。腿の部分が大きく膨らんでいるが、膝より下はピッタリしている。これは、乗馬ブーツを履きやすくするための配慮。ジョッキーパンツ、サドルパンツとも呼ばれる。

ショートパンツ(ショートショーツ)

短い丈のパンツで、一般的に股下10cm以内のもので、ギャザーやプリーツを使ったスカート風のものも含まれる。これ以上短いものはホットパンツとされる。

スパッツ

細身で、脚のラインにフィットするタイツのようなパンツ。スカートの下にはかれる。
本来短い靴カバーを差す言葉だが、日本で誤用されて定着した。

チノパン

正確にはチノーズ・パンツ。チノとは厚手で丈夫な綿の綾織物で、第一次世界大戦中、フィリピン在住のアメリカ軍で採用されたことが始まり。そのため、色もカーキやベージュの2色が主流。イギリスのマンチェスターで作られ、インドを経由して中国(chinos)から買っていたことが由来とされる。

バミューダパンツ(バミューダショーツ)

膝が見えるぐらいの丈で、細身のパンツ。バミューダ島で流行したリゾートウェアが起源で、プリントや、格子縞など派手な色彩のものが多い。

トレパン

ベルボトム(ズ)

1970年代に若者の間でブームを巻き起こしたパンツ。
名称は膝から裾がベル(釣鐘)状に仕立てられていることから。

ホットパンツ

1970年台初頭に世界中で流行した、極端に短いショートパンツ。最近また流行を見せている。




は行
このコーナーでは、ファッションに関連する用語を取り上げてゆきます。

気が付いたファッション用語やわからないデザイン用語、質問を受けたスタイルの用語などを調べながら、個人的にブログに掲載したものをまとたコーナーです。さらにたくさんの情報を追加していけたらと思っておりますので、追記の協力をお願いいたします。

洋服買取、子供服買取、ブランド古着買取・引取
Copyright:(C) 青森市 古着リサイクルドンキーマート All Rights Reserved.
inserted by FC2 system