パフスリーブ ファッション用語


ドンキーマート >> ファッション用語 >> は行

パフスリーブとは

直訳すると、ふくらんだ袖という意味。
ルネッサンス時代から男女ともに親しまれた形である。

パフスリーブはキャザーやシャーリングなどで肩先や袖口をふくらました袖の総称。
パフは、ふくれた、ふくらんだという意味で、通常、短い半袖をさすことが多く、
日本では「ちょうちん袖」といわれる。
女性のかわいらしさを強調する袖として定着し、ブラウスやシャツ、ワンピースに多用される。
長袖のパフスリーブの場合は
別にビショップ・スリーブ、メロン・スリーブなどと呼ばれる。

スポンサードリンク


洋服買取、子供服買取、ブランド古着買取・引取
Copyright:(C) 青森市 古着リサイクルドンキーマート All Rights Reserved.
inserted by FC2 system