フィッシャーマンズセーター ファッション用語

ドンキーマート >> ファッション用語 >> は行

フィッシャーマンズセーターとは

北欧やイギリス北部の漁師が着ていた防寒用の手編みセーターのことです。

フィッシャーマンズセーターはその名の通り、漁師が愛用していたセーターで、

アラン模様を取り入れることによって凹凸のある柄のセーターはニットの目が密になっていて、海風を通しにくいのはもちろん、たとえ海に落ちた場合でも分厚いニットがウェットスーツのような役目をし、しばらくは寒さから耐えることが出来るといいます。

代表的なものにアランセーターがあります。

アランセーターは

アイルランドのアラン諸島で生まれ、漁師の間で愛用されていました。

手編みで出来たアランセーターの模様は数多くあり、その模様ひとつひとつにも色々な意味があったようです。

それらは家ごとの紋章のような意味があったといいます。

アランセーターの模様は一家代々受け継がれ、漁に出た家族の安全を願いつつ1着ずつ手編みで編まれていました。

不幸にも漁での溺死者が岸に打ち上げられたときには、着ているアランセーターの柄で身元を判断したといわれるほどである。

スポンサードリンク


洋服買取、子供服買取、ブランド古着買取・引取
Copyright:(C) 青森市 古着リサイクルドンキーマート All Rights Reserved.
inserted by FC2 system