ファッション用語 バッグの種類


ドンキーマート >> ファッション用語 >> バッグの種類
ファッション用語



BAG ◇ バッグの種類
【ダッフル・バッグ】

もともとはセイルバッグと呼ばれ、水兵や船員が用いた、キャンパス製などの雑嚢(ざつのう)をいったもの。
現在は、キャンパス地や麻地で作られた円形状で取っ手のついたスポーツバッグの一種を指すことが多い。

【ダレス・バッグ】

一般のブリースケースより容量が大きく、台形で、取っ手が付き、
革の帯と留め金をはずすと口が大きく開くスタイルが代表的。

ダレスは、アイゼンハワー大統領時代の国務長官の名前で、彼が愛用したことから、その名称になったようです。

【タンバリン・バッグ】

楽器のタンバリンから発想された円筒形の婦人バッグで、グッチ社が93年に売り出したものがオリジナル。

【デイ・バッグ】

小型で簡単なリュックサックのこと。

【テリーヌ・バッグ】

底が平らになった半円形のバッグで、丈夫な持ち手とファスナー式の大きく開く口が特徴。

【トート・バッグ】

トートはアメリカの俗語で「運ぶ・背負う」の意味。
物をいれて運ぶための簡単な袋のこt。
キャンパスなどの丈夫な布地で作られた、大きな角形の手提げ袋をこう呼んだ。
現在ではこのようか形状のバッグの総称とされ、素材やデザインのバリエーションも多い。

【トラベル・バッグ】

旅行用のバッグの総称。

【ドラム・バッグ】

円筒形のスポーツバッグの総称。
細長い太鼓型。

スポンサードリンク
このコーナーでは、バッグに関連する用語を取り上げてゆきます。

洋服買取、子供服買取、ブランド古着買取・引取
Copyright:(C) ドンキーマート All Rights Reserved.
inserted by FC2 system