コーチマンズコートとは ドンキーと学ぼうファッション基礎用語コート編

クローク

19世紀のイギリス。

馬車の乗って、馬を操縦する業者のことをコーチマンといいました。

このコーチマンが着用していたことから、コーチマンズコートと言うようになりました。

前がダブル、ウェストが絞られていて

ウェストから上部が体に密着し、下はフレアになって広がるラインです。

大きなラペル付きの幅の広い襟のコートです。

映画などでご覧になったことがあるかと思います。


【関連資料】 新ファッションビジネス基礎用語辞典


洋服買取、子供服買取、ブランド古着買取・引取
inserted by FC2 system